<   2015年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧
日没
陽がある間干します。
f0032753_20575614.jpg
f0032753_20581560.jpg

情報交換
f0032753_2058448.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-30 21:00 |
天日干し
茹でられたシラスは間髪置かずに外に運ばれ、専用の架台に天日干しされます。
この時だけは空模様が気になるようです。
「一滴でも雨に当たれば雑菌が入り傷む原因になり品質が落ちるので」と空を見上げながら
四角いセイロを並べていました。

f0032753_19161980.jpg
f0032753_19163672.jpg
f0032753_19164960.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-29 19:17 |
雑用
工場の片隅では、せっせとおばぁちゃんが雑用をこなしていました。
地味ですが欠かせない仕事です。
こういう裏仕事をしてくれる人がいるから、本業もスムーズに回るのでしょうね。

f0032753_1923422.jpg

f0032753_19361.jpg
f0032753_1932715.jpg
f0032753_194023.jpg

お疲れさん
ばぁちゃんいつまでも元気で!
f0032753_1973524.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-26 19:05 |
煎る
工場に運ばれたシラスは時間を置かずに専用の機械に入れられ茹でます。
鮮度が落ちないようにでしょうね。

そこで、私が疑問に思ったことがあります。
私から見れば茹でる作業を彼らはイルと言います。
どういう漢字を書くのでしょか?
調べてみました。

「炒る」は「炒飯(チャーハン)」の「炒」で、音はチャーではなく、ショウ。意味は「土鍋とかフライパンなどの器で、あぶりこがす」こと。だから、豆とか胡麻とか銀杏とか米とかは、この「炒る」になる。

対して、「煎る」は「煎餅」「煎茶」の「煎」で、せんじる、こがす、の他に「器の中で煮つめるように料理する」の意味を持っている。そこから、「豆腐を煎る」「煎り豆腐」「煎り卵」などのように、水分を切らすようにイられるものには、この「煎る」が用いられるわけである。

後者に近いような気がします。

f0032753_18504465.jpg
f0032753_185159.jpg
f0032753_18512877.jpg
f0032753_18515722.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-25 18:52 |
ちりめん
Kさんの工場ではちりめんまで加工して納品します。
行程は長く、沖で獲り茹でて天日干しをして選別し箱詰めまでするので作業時間がかなり長いです。また、天日干しをするため天候に作業時間がかなり影響するそうです。

今日は港の水揚げから茹でるまでの工程

沖から「シラスが獲れた港に帰る」と連絡がはいる。
沖からの連絡は聞いたことはないけど、たぶんそうだろうと思う。
ボイラーのバルブを開く
f0032753_2125542.jpg

港から帰ってくるまでに釜の温度を上げておく
f0032753_21262191.jpg

ジャッカーと呼ばれているバッチ漁のリーダー船から、沖で獲られたシラスを受け取っている
f0032753_21265339.jpg

工場に持ち帰ったシラスが機械の中に
f0032753_2129724.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-23 21:30 |
アジサイとお遍路さん
f0032753_20153360.jpg
f0032753_2016222.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-22 20:16 | スナップ
定置網
港に定置網の魚が集まる最終部分の網を干しているのを見つけ「定置網って、こないなっとんじゃ!」と興味津々で撮りました。
f0032753_1859103.jpg

水面から上がってくるのが少し見える網がそうです。
f0032753_191646.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-19 19:01 |
青柳妃姫さん
先週、亀鶴公演の菖蒲祭りを撮影に出かけたものの、天候は思わしくなく花も少なっかたので撮影は諦め帰ろうとしたときバイオリンの音が聞こえ、それに引き寄せられ彼女を見つけました。
「わぁ~きれいな人」
ためらいもなく「これは撮って帰ろ!」
久しぶりに見た別嬪さんです。
演奏も良かったですが、背景のいいところでもう一度撮りたいと思いながらシャッターを切りました。
f0032753_20462982.jpg

f0032753_20464863.jpg
f0032753_2047680.jpg
f0032753_20472153.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-18 20:48 | スナップ
シラス 2
昔、小松島和田島地区にはちりめん加工業者がたくさん営んでいて、時期になればあちこちの煙突から煙が立ち上り、浜一面がちりめんで真っ白になていたと聞きます。シラス自体もいっぱい獲れていたのでしょうね。今はその時と様相が違うようです。漁獲高が減り商売として成り立たなくなり、毎年何軒かが廃業に追いこまれ、今では30軒余まで減ったそうです。

昔からの加工方法でがんばっています。
すべて手作業です。

f0032753_19451268.jpg

f0032753_19454042.jpg
f0032753_19461358.jpg

f0032753_19471265.jpg
f0032753_19474248.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-17 19:48 |
ベテラン漁師
f0032753_19950100.jpg
f0032753_19101793.jpg
f0032753_19112524.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-16 19:11 |