カテゴリ:港( 181 )
煎る
工場に運ばれたシラスは時間を置かずに専用の機械に入れられ茹でます。
鮮度が落ちないようにでしょうね。

そこで、私が疑問に思ったことがあります。
私から見れば茹でる作業を彼らはイルと言います。
どういう漢字を書くのでしょか?
調べてみました。

「炒る」は「炒飯(チャーハン)」の「炒」で、音はチャーではなく、ショウ。意味は「土鍋とかフライパンなどの器で、あぶりこがす」こと。だから、豆とか胡麻とか銀杏とか米とかは、この「炒る」になる。

対して、「煎る」は「煎餅」「煎茶」の「煎」で、せんじる、こがす、の他に「器の中で煮つめるように料理する」の意味を持っている。そこから、「豆腐を煎る」「煎り豆腐」「煎り卵」などのように、水分を切らすようにイられるものには、この「煎る」が用いられるわけである。

後者に近いような気がします。

f0032753_18504465.jpg
f0032753_185159.jpg
f0032753_18512877.jpg
f0032753_18515722.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-25 18:52 |
ちりめん
Kさんの工場ではちりめんまで加工して納品します。
行程は長く、沖で獲り茹でて天日干しをして選別し箱詰めまでするので作業時間がかなり長いです。また、天日干しをするため天候に作業時間がかなり影響するそうです。

今日は港の水揚げから茹でるまでの工程

沖から「シラスが獲れた港に帰る」と連絡がはいる。
沖からの連絡は聞いたことはないけど、たぶんそうだろうと思う。
ボイラーのバルブを開く
f0032753_2125542.jpg

港から帰ってくるまでに釜の温度を上げておく
f0032753_21262191.jpg

ジャッカーと呼ばれているバッチ漁のリーダー船から、沖で獲られたシラスを受け取っている
f0032753_21265339.jpg

工場に持ち帰ったシラスが機械の中に
f0032753_2129724.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-23 21:30 |
定置網
港に定置網の魚が集まる最終部分の網を干しているのを見つけ「定置網って、こないなっとんじゃ!」と興味津々で撮りました。
f0032753_1859103.jpg

水面から上がってくるのが少し見える網がそうです。
f0032753_191646.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-19 19:01 |
シラス 2
昔、小松島和田島地区にはちりめん加工業者がたくさん営んでいて、時期になればあちこちの煙突から煙が立ち上り、浜一面がちりめんで真っ白になていたと聞きます。シラス自体もいっぱい獲れていたのでしょうね。今はその時と様相が違うようです。漁獲高が減り商売として成り立たなくなり、毎年何軒かが廃業に追いこまれ、今では30軒余まで減ったそうです。

昔からの加工方法でがんばっています。
すべて手作業です。

f0032753_19451268.jpg

f0032753_19454042.jpg
f0032753_19461358.jpg

f0032753_19471265.jpg
f0032753_19474248.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-17 19:48 |
ベテラン漁師
f0032753_19950100.jpg
f0032753_19101793.jpg
f0032753_19112524.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-16 19:11 |
シラス
シラスは、様々な魚の仔稚魚の総称であるが、白子干しなどの形で積極的に食用とされるのは、イワシ仔魚(主にカタクチイワシ)がほとんどである。
塩茹でして加工されるものがほとんどだが、水分含有量の違いで区別され、茹で上げ後水きり程度で製品となるものが釜揚げと呼ばれ85%前後の水分含有量となる。 50 - 60%程度に乾燥されたものが白す干・・関西では太白と呼ばれ、25 - 35%程度まで乾燥させたものがちりめん・・関東ではかちり等と呼び区別される。 それ以外の加工方法として畳いわしという海苔を作るような方法でシラスを板状に乾燥させたものがあり、これは水分含有量15%程度となる。また近年は生食の消費も増えてきている。HPより

という事で、今年も時期になったので作業の様子を撮影してきました。
茹であがったシラスを所定の市へ
f0032753_19282246.jpg

篩(ふるい)にかけシラスの大小をより分ける
f0032753_19284886.jpg

使い終えたセイロを洗う
f0032753_19291333.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-10 19:35 |
テングサ
ところてんの材料テングサです。
家族総出で収穫してきたテングサからテングサ以外の海藻やゴミを選り分けていました。
f0032753_22232263.jpg

f0032753_22234650.jpg
f0032753_22241485.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-08 22:24 |
鰆漁解禁
この地区では2週間ほど前に鰆漁が解禁になり、そのころ漁師さんたちは網の入れ替えに大忙しでした。
底引き漁と違って鰆漁はテグスで編んだ網を使うのでこの時期に入れ替えます。
f0032753_18332766.jpg

f0032753_18334936.jpg
f0032753_18341685.jpg
f0032753_18344492.jpg
f0032753_1835356.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-05-02 18:35 |
Jf北灘さかな市「桜鯛祭り」2015
例年通り4月最終日曜日に催されました。
鯛が産卵のため瀬戸内海に入ってくるので、入り口になる鳴門北灘でたくさん獲れるそうです。
いろいろなイベントが催される中、生きのいい鯛が飛ぶように売れていました。
そして、即売場の横の棟では三枚おろしのサービスもありました。
f0032753_20285374.jpg

f0032753_20275330.jpg

f0032753_20282991.jpg

f0032753_20293290.jpg
f0032753_20302828.jpg
f0032753_20311713.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-04-29 20:31 |
お手伝い
わかめ作業は納品時間が決められているので午前中は戦争のように大忙しです。
家族総出でやってます。
こんなちびっこもお手伝い。
撮影時はほとんど作業は終わっていて、ちょっと余裕が見られました。
f0032753_20375681.jpg

f0032753_2038791.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-04-01 20:38 |