大俣八幡神社お的
悪魔除け・五穀豊穣を祈って行う催しで、約300年前の宝永2年、徳川将軍綱吉の頃から始められました。しかし、ここのお的は子供たちが主役だけに、眠ってしまい子もいれば泣き出す子もいて父兄の方々は大変そうでした。
f0032753_20455716.jpg
f0032753_20461973.jpg
f0032753_20462970.jpg
f0032753_2046475.jpg
f0032753_2047129.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2016-01-27 20:47 | スナップ
<< 親子 美馬日本一のどんど焼き >>