イカ取れすぎ
「イカ取れすぎは大地震の前兆?…」

東日本大震災の直前に、例年に比べて徳島県内でイカの水揚げが大幅に増えていたことがわかった。

阪神大震災の前年にもイカの漁獲量が大幅に増えたことが知られており、漁師の中には「イカが取れすぎて驚いた。大地震の前兆だったのでは」と信じる人もいる。因果関係は解明されていないが、専門家は「興味深い現象」と注目している。

県内のイカ漁の主な漁場は紀伊水道で、特に多いのはコウイカの一種ヤケイカ。小松島漁協によると、最盛期の今年1~2月、港に水揚げされたイカは約200トンで例年の2~4倍。県北部の漁協でも今冬、イカの水揚げは70トンあり、例年の3倍だった。また、対岸の有田箕島漁協(和歌山県)でも、イカの水揚げが例年の2~3倍の約700キロあったという。HPより

事実、私が撮影に通ている北灘漁港でもイカがたくさん上がっていました。
数年通っていますがこんなのは初めて。
地震がなければいいけれど…

f0032753_20282782.jpg

f0032753_2028392.jpg
f0032753_2028558.jpg
f0032753_2029924.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-12-18 20:30 |
<< 消火器詰め直し 島田島 島民餅つき大会 3 >>