煎る
工場に運ばれたシラスは時間を置かずに専用の機械に入れられ茹でます。
鮮度が落ちないようにでしょうね。

そこで、私が疑問に思ったことがあります。
私から見れば茹でる作業を彼らはイルと言います。
どういう漢字を書くのでしょか?
調べてみました。

「炒る」は「炒飯(チャーハン)」の「炒」で、音はチャーではなく、ショウ。意味は「土鍋とかフライパンなどの器で、あぶりこがす」こと。だから、豆とか胡麻とか銀杏とか米とかは、この「炒る」になる。

対して、「煎る」は「煎餅」「煎茶」の「煎」で、せんじる、こがす、の他に「器の中で煮つめるように料理する」の意味を持っている。そこから、「豆腐を煎る」「煎り豆腐」「煎り卵」などのように、水分を切らすようにイられるものには、この「煎る」が用いられるわけである。

後者に近いような気がします。

f0032753_18504465.jpg
f0032753_185159.jpg
f0032753_18512877.jpg
f0032753_18515722.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-25 18:52 |
<< 雑用 ちりめん >>