シラス
シラスは、様々な魚の仔稚魚の総称であるが、白子干しなどの形で積極的に食用とされるのは、イワシ仔魚(主にカタクチイワシ)がほとんどである。
塩茹でして加工されるものがほとんどだが、水分含有量の違いで区別され、茹で上げ後水きり程度で製品となるものが釜揚げと呼ばれ85%前後の水分含有量となる。 50 - 60%程度に乾燥されたものが白す干・・関西では太白と呼ばれ、25 - 35%程度まで乾燥させたものがちりめん・・関東ではかちり等と呼び区別される。 それ以外の加工方法として畳いわしという海苔を作るような方法でシラスを板状に乾燥させたものがあり、これは水分含有量15%程度となる。また近年は生食の消費も増えてきている。HPより

という事で、今年も時期になったので作業の様子を撮影してきました。
茹であがったシラスを所定の市へ
f0032753_19282246.jpg

篩(ふるい)にかけシラスの大小をより分ける
f0032753_19284886.jpg

使い終えたセイロを洗う
f0032753_19291333.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2015-06-10 19:35 |
<< 四国遍路 霊山寺 住友菖蒲園 >>