大久保の乳いちょう
「大久保の乳いちょう」:樹高38.3m、幹周12.0mを誇り、いちょうでは四国2位の巨樹(推定樹齢500年)。周囲を山で囲まれた大久保の里にそびえる姿は勇壮で、圧倒的な存在感を持っており、枝から円錐形の突起(気根)が垂れ下がって入る姿から乳いちょうと呼ばれています。神山ホームページより

今年は連年より1週間遅らせて撮影に出かけました。
紅葉の場合満開とは言わんですね、何と言うのでしょうか?
とにかく予想通りピッタリでした。
f0032753_22151376.jpg

ぶらりと紅葉を求めてやって来たベテランライダー
f0032753_22165380.jpg
f0032753_2217135.jpg

[PR]
by kagetu2006 | 2010-12-06 22:17 | 風景
<< うつぼの一夜干し 1 自転車王国とくしまライド >>