釜揚げ 煎る
水揚げされたシラスを煮立てた釜に入れて茹でる事を彼女らは「いる」と言います。
漢字で書けば「煎る」でしょうか?
最近は機械化が進み殆どの家が機械で茹でているそうです。
私がお邪魔している共栄丸さんとこでは昔ながらの丸釜を使い手作業で茹でていて、
シラスの状態、温度、天候など微妙な変化を長年の勘で茹で時間や干す時間を調整しているそうです。
機械茹では茹で上がれば、すぐ天日干し出来る状態で出てくるので旨み成分が残らないらしいです。

旨いです!
気前のいい奥さんでいつも帰りに「これもって帰り!」と茹でたての釜揚げをいただきます。
この味を覚えたら他のが食べれんですね。
みなさんにも味見にお分けしたいくらいです。
必然的にその日はビールが一本多くなりますね。

煎る
f0032753_2115626.jpg
f0032753_2123665.jpg

もう人のお母さんが待機中
f0032753_213983.jpg

茹で上がったシラスをすぐ外へ
f0032753_2152827.jpg

扇風機の前で熱を取ります
f0032753_2164820.jpg

しばらく冷やしてから天日干しになります。
[PR]
by kagetu2006 | 2010-05-31 21:07 | スナップ
<< 少年 釜揚げ >>